高麗人参は信頼の商品をインターネットで注文できる

冷え性や更年期障害で悩んでいるとき漢方に出会いました。
陰陽の考え方や薬膳について学べば学ぶほど、いかに高麗人参が昔から利用されてきたかを知るようになりました。
数年前から飲用している薬用酒にも高麗人参は含まれていますが、たくさんの量を飲むわけではないので、もっと手軽に摂れる方法を模索していたときのことです。
知り合いから韓国旅行のお土産で口当たりもよく飲みやすい紅参茶をいただきました。
一包ずつパウチになっていて、カップにお湯を注ぐだけの手軽さなので、自宅はもちろん、会社に持っていくこともできます。
このようなお茶はいくつか製造している会社があると思うのですが、百済錦山人参農協が品質を保証している参之元と呼ばれているブランドが歴史もあり有名です。
錦山は人参の栽培に適した場所で、天然物に最も近い最高級のものが栽培できるとされています。
高麗人参は栽培年数によって等級がつけられており、6年ものが有用成分であるサポニンが一番多く含まれているそうです。
百済錦山人参農協の商品はこの6年ものが使用されています。
紅参茶のほかにも、紅参エキスや紅参粉末などさまざまな商品が発売されています。
インターネットで百済錦山人参農協のページから個人でも注文して直接購入できるのですごく安心です。