銀行から融資を受ける際は必ず担保を求められる

銀行から融資を受ける際は必ず担保を求められます。
金額が少なければ保証人を、少し高額な融資になれば不動産を、少し与信に疑念があれば保証人と不動産の2つを求められることがあるのです。
担保には保証人などの人的と不動産などの物的の2つがありますが物的に場合はほとんどが不動産で、機械など動産を担保にする場合がありますが、最近ではこの方法はほとんどありません。
なぜこのようなものが求められるかと言えば、銀行にとっては貸したお金が必ず戻ってくるようにしますが、その手段だと思えば良いとおもいます。
カードローンは保証人も不動産も必要ありませんが、保証会社が保証しているのです。
もし仮に、返済が滞った場合、その保証会社は債務者に代って代位弁済を銀行や消費者金融にしなくてはならないのです。
そうなると今度は保証会社から債務者のところに督促することになるのです。
一旦金融機関から融資を受けたなら、間違いなく返済しなくてはなりません。http://www.cemcorporation.jp/