BYODでも個人情報漏洩が守れる

従業員の私物の携帯端末を業務で利用する、Bring Your Own Device、略してBYODが急速に広がっています。
会社が契約した携帯を支給する必要が無いことで、大幅な経費節減が出来ると同時に、従業員の方でも、業務用と私用の携帯端末を、二つ持ち歩く必要がないのが、利点でもあります。
しかし、個人用のいわば、IT管理者が管理していない端末から、社内情報システムにアクセスが出来る身軽さは、裏を返せば社外秘のシークレット情報や、顧客のデータなどに、簡単にアクセスできてしまうという事でもあります。
従業員によるデータ横流しなどの悪用や、個人情報の漏洩の可能性が大きくなり、企業の管理システムを再考する必要に迫られているのです。
こうした問題を未然に解決するために開発されたのが、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」です。
インストールすることで、従業員の個人端末に企業の重要データが、残ることはありません。
万が一、端末を紛失したとしても、情報漏洩のリスクは最小限に抑えられるのです。
BYODで「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を活用|デジタルアーツ株式会社