ファッション専門学校に行って、将来はファッション関係の仕事に

ファッションに目覚めたのは小学生の頃。TVのアイドル達に憧れてよく友達と振り付けを踊ってみたり、アイドル雑誌に出てくる流行の洋服を真似て母親にねだって買って貰っていた事を思い出す。懐かしいなぁ。仲良しの友達とその日に着ていく服を約束したり自分の持っているガラクタ雑貨をプレゼント交換と称して袋詰めして交換し合ったり、今思えば世界は狭かったけど楽しかったな。母親と出かけて同級生のお母さんに偶然会った時に立ち話になって、自分で洋服選んでいるの?おしゃれねぇ。将来はファッション系の専門学校に行っておしゃれな職業に勤めるかもね。などと言われた事を今でも覚えている。結局学校卒業後に就いた仕事はやはり美容・ファッション系の仕事となった。